ドイツ語圏文化セミナー108  ※ 満席につき、受付終了しました

目からウロコの?ドイツワイン

           
     Copyright Deutsches Weininstitut

皆さんのドイツワインのイメージはどんなものでしょうか?

甘すぎる、ドイツでワイン?ビールが有名なのは知っているけれどーこのような言葉をよく耳にしますが、それは大きな誤解です。
ドイツは世界的に有名なリースリング(白ワイン)の一大生産地であり、近年はシュペートブルグンダー(=ピノ・ノワール)をはじめとする赤ワインの品質の高さも世界中から注目を集めるなど、13ある生産地では厳しい条件に基づき、個性的な素晴らしいワインが多く作られているのです。
 
日本におけるドイツワインの”誤解”を解き、その真の魅力を知って頂くために、当協会ではこれまで「ドイツワイン塾」や「初心者のためのドイツワイン講座」、試飲会など多くのイベントを開催してきました。
 
今回は、(一社)日本ドイツワイン協会連合会の協力を得て、ドイツワイン初心者という方を対象に、基礎知識やエチケットの読み方、トリビアなどをご紹介する講座を開催いたします。
当日は、「ドイツワインケナー試験」(毎年秋にドイツワイン愛好家を対象に実施される認定試験)についてもご紹介し、実際の試験でも行われているブラインドテスト風に、5種類の異なるワインを少しずつ試飲して頂く予定です。
 
ワインはやっぱりフランス・イタリア・スペインでしょ・・と思っている方、
ドイツビールは好きだけどドイツワインはちょっと・・と思っている方、
ドイツワインを試してみたいが、何を買ったらいいか分からない・・と思っている方、
秋にドイツワインケナー試験を受検してみようか・・とお考え中の方
 
目からウロコのドイツワイン体験をしてみませんか?
 
なお、本講座はドイツワイン初心者の方を対象としたドイツワインに親しんでもらうための会です(ワインを飲みながらの懇親会ではありません)。
ドイツワイン初心者の皆様のご参加をお待ちいたしております。

講師:藤森 朗(ふじもり あきら)氏

1964年東京生まれ。(一社)日本ドイツワイン協会連合会理事。    
86年、青山学院大学経済学部 卒業と同時に渡独、現地日系企業で、レストラン・
サービス業を学ぶと共にワインに目覚め、休みはオペラかオーケストラを聴く生活を
送る。在独時代にZDF(Zertifikat Deutsch als Fremdsprache)を取得。
1990年に帰国、ビストロを経営する傍ら(2007年まで)、91年にソムリエ、きき酒師、
93年にドイツワインケナーの資格を取得。酒屋主催のドイツワインツアーやケナー
クラブ主催のドイツワインツアーの企画、手配、同行、通訳を長年にわたり務めた他、
連合会事務局長を経て、現在は理事としてドイツワインの普及に努める。
ドイツワイン名誉ケナー。株式会社今朝代表取締役社長、すき焼今朝五代目主人。

           
     Copyright Deutsches Weininstitut

満席につき、受付終了しました。
◎◎◎ 要事前予約 ◎◎◎

   日時:2017年8月2日(水) 14:00~16:00
   会場:(公財)日独協会 事務所
 <アクセスマップ> 
   会費:当協会会員・2017年夏期講習会受講生 1,800円 一般 2,300円
   定員:20名程度(要事前申込)
 

   申込方法: 件名を「ドイツ語圏文化セミナー108 申込」とし、
                     ①お名前(フルネーム) ②会員/一般の区分 ③電話番号
                     ④メールアドレス(Faxの方はFax番号) 
                     を明記の上、メールまたはFaxにてお申し込みください。
   申込窓口:(公財)日独協会 E-mail: deutschkurs@jdg.or.jp  Fax: 03-5368-2065

   オンラインでもお申込み頂けます→ コチラ