ドイツ語圏文化セミナー114

「第帝国」の製品・文化史

                               

2017年に公刊された『第二帝国』(上下巻、パブリブ刊)は、ドイツ帝国の様々な製品や文化を扱った書籍で、食品・生活用品・玩具・工業製品・スポーツ文化の起源や発展の歴史が取り上げられています。ドイツ帝国は日本とも深い関わりをもち、このときの発明品などを私たちは今も身近に利用しています。

今回、製品史を通じて、成功と失敗を重ねてきたドイツの創発(イノベーション)の歴史について、『第二帝国』の編著者である伸井太一さんにお話しして頂きます。
「ドイツは世界一ィィ!」と調子づくメイド・イン・ジャーマニーの品々や笑いあり涙ありのトホホなモノの来歴を知ることで、ドイツ史を理解する講座です。

1871年に成立し、今からちょうど100年前の1918年に終焉を迎えた「ドイツ帝国」に思いを馳せてみませんか?ぜひお気軽にご参加ください!
 
講師: 伸井太一 先生
ドイツの製品や文化史のライター。著書に、東西ドイツの製品史を扱った『ニセドイツ』シリーズ(社会評論社)。本名(柳原伸洋、東京女子大学教員)では『日本人が知りたいドイツ人の当たり前』(鎌田タベアとの共著、三修社)、『教養のドイツ現代史』(田野大輔氏との共編著、ミネルヴァ書房)など。
Twitter: @nob_de

   
  
 画像は全て『第二帝国』より

◎◎◎ 要事前予約 ◎◎◎

   日時:2018年3月9日(金)15:00~17:00 、23日(金)19:00~21:00 
      全2日  ※単発参加も可能
   会場:(公財)日独協会 事務所
 <アクセスマップ> 
   会費:(通し)当協会会員・春期講習会受講生 2,500円 一般 3,000円
      (単発)当協会会員・春期講習会受講生 1,500円 一般 2,000円

 
   申込方法: 件名を「ドイツ語圏文化セミナー114 申込」とし、
                     ①お名前(フルネーム) ②会員/一般の区分 ③電話番号
                     ④メールアドレス(Faxの方はFax番号) ⑤参加希望日
                     を明記の上、メールまたはFaxにてお申し込みください。
   申込窓口: (公財)日独協会 E-mail: deutschkurs@jdg.or.jp  Fax: 03-5368-2065
   ※ お申込みは先着順での受付となります
   ※ お申込み後、担当から折り返しメールにて仮受付の連絡をお送りします
   ※ 会費は事前のお支払いとなります
 
   オンラインでもお申込み頂けます→ コチラ