ドイツ語圏文化セミナー116

Frohe Ostern!
(フローエ・オースターン!)

~ドイツのイースターってどんなもの?~

                               delater / pixelio.de

イースター(ドイツ語ではオースターン)はキリスト教の復活祭です。「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に祝われるもので、毎年日付が変わり、その前の金曜(Karfreitag カーフライターク)から次の月曜(Ostermontag オースターモンターク)までがイースター期間です。
今年(2018年)は3月30日から4月2日までがイースター
に当たります。

ドイツではクリスマスと並んで大切な行事とされるイースターですが、最近は日本でもイースターの象徴である卵やウサギを模したチョコレートや飾りなどを見かけるようになったものの、この風習についてまだあまり知られていないのではないでしょうか?

なぜイースターの象徴が卵やウサギなのか?ドイツではこの祝日をどのように過ごすのか?などを
日本語とドイツ語でご紹介します(ドイツ語が分からない方でも大丈夫です)。
また、一緒にイースター・エッグ作りにもチャレンジします。ドイツのオースターンの雰囲気を体験してみませんか?
お子様と一緒のご参加も大歓迎です。ぜひお気軽にご参加ください!
 
講師: Rita Briel 先生
慶應義塾大学 講師

   
                                                         delater / pixelio.de

◎◎◎ 要事前予約 ◎◎◎

   日時:2018年3月30日(金)14:00~17:00  
   会場:(公財)日独協会 事務所
 <アクセスマップ> 
   会費:当協会会員・春期講習会受講生 1,000円 一般 1,500円
      未就学児 無料 小学生 500円

 
   申込方法: 件名を「ドイツ語圏文化セミナー116 申込」とし、
                     ①お名前(フルネーム) ②会員/一般などの区分 ③電話番号
                     ④メールアドレス(Faxの方はFax番号) 
                     を明記の上、メールまたはFaxにてお申し込みください。
   申込窓口: (公財)日独協会 E-mail: deutschkurs@jdg.or.jp  Fax: 03-5368-2065
   ※ お申込みは先着順での受付となります
   ※ お申込み後、担当から折り返しメールにて仮受付の連絡をお送りします
 
   オンラインでもお申込み頂けます→ コチラ