ドイツ語圏文化セミナー119

~『ケルン便り』番外編~
ケルン留学体験談/移民・難民による犯罪とドイツ

      

日独協会会報誌「Die Brücke」2015年12月号から2017年10月号まで2年にわたって連載され、好評を博した『ケルン便り』。その番外編として、この春、日本に帰国したばかりの著者、久保田隆さんに連載の裏話や後日談を2部構成でお話しして頂きます。
連載を読まれた方はもちろん、そうでない方にもお楽しみ頂ける内容となっています。

第1部:留学体験談 〜留学先としてのケルン 〜
観光で訪れただけではわからない、ケルンという街の魅力についてお話しします。ドイツ留学を考えている方やドイツで暮らしてみたいという方に役立つ情報も盛り沢山です。

第2部:刑法学専攻の大学院生が見た 移民・難民による犯罪とドイツ
『ケルン便り』でも取り上げた2015年大晦日の集団性犯罪事件を中心に、近時の移民や難民による犯罪が
ドイツ社会にどのような影響を与えているかについて、またドイツの司法はどのような法律を適用して
事件を裁き、それにはどのような困難が伴うのかなど、現地で得た情報を交えながら語って頂きます。

 
講師: 久保田 隆さん
大学1年次にドイツ語の勉強を始め、2008年秋から2009年夏までボン大学に交換留学。大学院に進学後、DAAD(ドイツ学術交流会)奨学生として2014年秋から2018年春までケルン大学に留学し、刑法と国際法に関する研究に従事。
現在は、日本学術振興会特別研究員(DC2)として慶應義塾大学大学院法学研究科に在籍しながら博士論文を執筆中。

      

◎◎◎ 要事前予約 ◎◎◎ 

   日時:2018年7月27日(金)19:00~21:00 
   会場:(公財)日独協会 事務所
 <アクセスマップ> 
   会費:当協会会員・夏期講習会受講生 500円 一般 1,000円

 
   申込方法:オンラインフォームから必要事項をご記入の上、お申込ください。
   問い合わせ窓口:(公財)日独協会 E-mail: event@jdg.or.jp  Tel: 03-5368-2258
 

   ※ お申込みは先着順での受付となります
   ※ 会費は当日のお支払いとなります 
   ※ フリーメールアドレス(特にyahooとhotmail)や携帯電話のアドレスをご利用されている場合、
    当協会からのメールが届かない事例が頻発しております。なるべく、上記以外のメールアドレスを
    ご利用頂くか、事前に『迷惑メール設定』『受信拒否設定』『指定ドメイン受信設定』などの設定
    内容を確認し、協会からのメール(ドメイン jdg.or.jp)が受信できる状態にしてください。