ドイツ語圏文化セミナー121  

北ドイツの海を旅しよう

可愛くて美味しい辺の町

     

ドイツの海、と言うと、え?海!と驚く人が結構います。それほどドイツと海は日本人にとってつながりが薄く、イメージが湧かないようです。

ドイツには北海とバルト海という二つの海があります。ドイツの海辺のように美しいビーチは、ヨーロッパでも珍しいのではないでしょうか。特徴的なのはシュトラントコルプStrandkorb と呼ばれるビーチチェアーです。柳の枝で作られるこの椅子はドイツで生まれ、たちまちバルト海や北海沿岸に広まっていきました。北ドイツの海にシュトラントコルプが並んでいるのは夏の風物詩で、これが見られるようになるとドイツ人は、ああ、夏が来たな、と思うのです。

ドイツ中部や南部で魚を食べようとしても、ほとんどがマスなどの川魚です。遠くから送られてくる海の魚は非常に高価なので滅多に食べることができません。ところが北海やバルト海沿岸の町では種類も豊富で新鮮な海の魚を思う存分食べることができます。「ドイツの魚は不味い」と思っている方は、是非、海辺の町でお試しください。

海の町が美しいのも驚きです。大都市は大戦で破壊されてしまいましたが、周辺の小さな町は難を逃れて残っています。可愛らしい小さな町と海の幸が美味しい北ドイツを、写真と共にご紹介します。
                                       (講師より)
 
講師: 沖島 博美 先生 (旅行作家)
ドイツ語圏を中心に周辺諸国を取材・撮影し、その国の歴史や文化、伝統を書籍や雑誌、WEBをはじめ、カルチャースクールなどで紹介し続けている。主な著書に『北ドイツ=海の街の物語』(東京書籍)、『ベルリンと北ドイツ』『グリム童話で旅するドイツ・メルヘン街道』『プラハ迷宮の散歩道』(ダイヤモンド・ビッグ社)、『無形文化遺産 ウィーンのカフェハウス』『ドイツ・クリスマスマーケット案内』(河出書房新社)など、多数。

  
  
  
 

◎◎◎ 要事前予約 ◎◎◎ 

   日時:2018年8月3日(金)19:00~21:00 
   会場:(公財)日独協会 事務所
 <アクセスマップ> 
   会費:当協会会員 1,000円 一般 1,500円

 
   申込方法:オンラインフォームから必要事項をご記入の上、お申込ください。
   問い合わせ窓口:(公財)日独協会 E-mail: event@jdg.or.jp  Tel: 03-5368-2258

   ※ お申込みは先着順での受付となります
   ※ 会費は当日のお支払いとなります 
   ※ フリーメールアドレス(特にyahooとhotmail)や携帯電話のアドレスをご利用されている場合、
    当協会からのメールが届かない事例が頻発しております。なるべく、上記以外のメールアドレスを
    ご利用頂くか、事前に『迷惑メール設定』『受信拒否設定』『指定ドメイン受信設定』などの設定
    内容を確認し、協会からのメール(ドメイン jdg.or.jp)が受信できる状態にしてください。