ドイツ語圏文化セミナー123

ードイツの学校ー
Waldorfschule(ヴァルドルフシューレ)で学んで遊んで

      

シュタイナー学園をご存知ですか?「教育そのものが芸術行為であることが大切」と考えたルドルフ・シュタイナーの教育観、人間観に基づく、12年一貫のカリキュラムを実践する学校です。知育偏重ではない子供の心、体、知性、精神性を含めた全人教育を目指しています。日本では「シュタイナー」という名称が一般的ですが、ドイツでは最初に設立された学校名からWaldorfschule(ヴァルドルフ学校)、ヴァルドルフ教育と呼ばれています。

当協会職員のミリアムさんはこのヴァルドルフ学校の卒業生。1部では、彼女がどのような学校生活を過ごしたのか、ドイツの他の学校とどう違うのかなど、Gymnasium(ギムナジウム)出身の研修生アナリザさんとのトークを通じて紹介してもらいます。

2部では、授業で実際に彼女がやった水フェルトの工作を一緒にやりますので、お子様と一緒のご参加も大歓迎です。1部(講演)だけのご参加も可能です。

皆様のご参加をお待ちいたしております。

講師:Miriam Grittner(ミリアム・グリットナー)、Anna-Lisa Schmidt(アナリザ・シュミット)

           
    

◎◎◎ 要事前予約 ◎◎◎ 

   日時:2018年8月16日(木)14:30~17:30 
   会場:(公財)日独協会 事務所
 <アクセスマップ> 
   会費:当協会会員・夏期講習会受講生 1,300円 一般 1,800円 未就学児 無料 小学生 800円
      ※ 材料費込み(第1部のみ参加の方は、上記金額から300円割引となります)

   定員:20名程度

 
   申込方法:オンラインフォームから必要事項をご記入の上、お申込ください。
   問い合わせ窓口:(公財)日独協会 E-mail: event@jdg.or.jp  Tel: 03-5368-2258
 

   ※ お申込みは先着順での受付となります
   ※ 会費は当日のお支払いとなります 
   ※ フリーメールアドレス(特にyahooとhotmail)や携帯電話のアドレスをご利用されている場合、
    当協会からのメールが届かない事例が頻発しております。なるべく、上記以外のメールアドレスを
    ご利用頂くか、事前に『迷惑メール設定』『受信拒否設定』『指定ドメイン受信設定』などの設定
    内容を確認し、協会からのメール(ドメイン jdg.or.jp)が受信できる状態にしてください。