ドイツ語圏文化セミナー124  


Alles Walzer!

ウィーンのバル(舞踏会)にようこそ

~オーストリア文化と伝統への誘い~

             
          

音楽と芸術の都、ウィーンは「舞踏会(バル)の街」でもあります。
かつて、ハプスブルグ帝国華やかなりし頃は王侯貴族たちが楽しんだ社交界である「舞踏会」は、今では一般の人たちにとっても当たり前で、大切な伝統文化のひとつです。ウィーンに住む人は冬になれば、オペラやコンサートに出かけるように舞踏会に出かけます。老若男女、誰もが参加でき、楽しめる、それがウィーンの舞踏会です。

オペラ座が数万本の花で埋め尽くされ、大統領が臨席する、世界的にも有名なオペラ座舞踏会(オーパンバル)を筆頭に、カーニバルの時期、ウィーンでは連日のように舞踏会が開かれています。この舞踏会に、外国人である私たちも参加できることをご存知ですか?

今回、20年以上に渡りこれまで100回以上、ウィーン舞踏会に参加されている日本・オーストリア文化交流会~クライネ・クローネ代表クローネマキコさんを講師に迎え、インターネットもなかった時代にいかに情報を得、参加を叶えたかのエピソードをはじめ、そもそもなぜオーストリアで舞踏会文化が花開いたのか、その歴史や背景、そして現代(いま)について語って頂きます。
後半は、講師との懇親会を予定しています。実際の映像を観たり、皆さんからのご質問にお答えします。オーストリアワインを片手に、ウィーン談義を楽しみましょう。

外国を旅する醍醐味のひとつは、“その国でしかできない体験をすること”ではないでしょうか?冬にウィーンを旅するなら、オーストリア独自の文化に触れる体験をしたいなら、舞踏会はお勧めのイベントです。「舞踏会」に憧れる方も、まったく興味がなかったという方も、ウィーンの新たな魅力を知るチャンスをお見逃しなく!皆様のご参加をお待ちしております。
   
講師: クローネマキコ 氏 (クライネ・クローネ 代表)
日本・オーストリア文化交流会クライネ・クローネは、国内でウィーン舞踏会風「夜会」もプロデュース。
11月23日(祝・金)、都内にて「ウィーン・モダニズムの夜会 ~クリムト、シーレ没後100年に寄せて~」を開催。

 
  
 

◎◎◎ 要事前予約 ◎◎◎ 

   日時:2018年10月19日(金)19:00~21:00 
   会場:(公財)日独協会 事務所
 <アクセスマップ> 
   会費:当協会会員/クライネ・クローネ会員 1,500円 一般 2,000円

 
   申込方法: 件名を「文化セミナー124申込」とし、
                     ①お名前(フルネーム・ふりがな) ②会員/一般の区分 ③電話番号
                     ④メールアドレス(Faxの方はFax番号) 
                     を明記の上、メールまたはFaxにてお申し込みください。
   申込窓口: (公財)日独協会 E-mail: event@jdg.or.jp  Fax: 03-5368-2065
   ※ お申込みは先着順での受付となります
   ※ お申込み後、担当から折り返しメールにて仮受付の連絡をお送りします
   ※ フリーメールアドレス(特にyahooとhotmail)や携帯電話のアドレスをご利用されている場合、
    当協会からのメールが届かない事例が頻発しております。なるべく、上記以外のメールアドレスを
    ご利用頂くか、事前に『迷惑メール設定』『受信拒否設定』『指定ドメイン受信設定』などの設定
    内容を確認し、協会からのメール(ドメイン jdg.or.jp)が受信できる状態にしてください。