日独協会
日独協会 Japanisch-Deutsche Gesellschaft e.V., Tokyo  

日本語

Deutsch

トップイベントのご案内ドイツ語圏文化セミナー

イベントのご案内

イベントカレンダー

ドイツ語講座のご案内

情報のカフェ

機関誌Die Brücke/刊行物

各地の日独協会

リンク

ニュースレター

お問い合わせ

トッ プに戻る

ドイツ語圏文化セミナー33
Was ist denn Ostern?  / イースターって何ですか?


え? それってキリストが死んだ後、3日目に甦ったことを祝う「復活祭」のことでしょ?

そう思っていた人がバッハの「マタイ受難曲」の勉強会に出て、その曲の冒頭の合唱が終わったあとに歌われるイエス自身の次の言葉に面食らいました。
“Jesus: Ihr wisset, daß  nach  zweien  Tagen Ostern  wird, und des Menschen  Sohn wird  überantwortet  werden,  daß er gekreuziget werde.“ 

Ostern てイエスが生きている時から作られていた言葉?

「復活祭」や「聖霊降臨祭(Pfingsten)」や「聖体拝領節(Fronleichnam)」の日が毎年移動するのに、キリスト降誕祭(12月25 日)や、東方三博士の来訪した主の公現の祝日(1月6日)や聖母マリアの被昇天(8月15日)が固定しているのは何故?

またこの人はバッハの受難曲で「わが神、わが神、どうして我を見捨て給うか?」が
 “Eli, Eli, lama asabthani ?“ と歌われるのに戸惑いました。それまで sabachtani (サバクタニ)と聞いていたからです。一体それは何語?アラム語?アラブ語?イエスはどう発音していたのですか?

こういった素朴な質問の答えを含めて話して下さるのは、上智大学の哲学科、神学科の大学院を卒業後、ローマのグレゴリオ神学大学で学ばれ、ローマ教皇庁聖 書研究所を卒業された雨宮慧(さとし)真生会館聖書センター編集責任者。同教授には旧約聖書に関する多くの著書があり、日本における聖書学の第一人者であ り、またNHK教育テレビでは草柳隆三氏との対談などでも知られている方です。

Was ist denn Ostern? / イースターって何ですか?

スピーカー: 雨宮 慧(さとし)氏 上智大学教授
日時: 2010年6月25日(金) 18:00~20:00頃
場所: Goethe-Institut Japan in Tokyo (ドイツ文化会館)2階 207号室  
住所: 東京都港区赤坂7-5-56 Tel.: 03-3584-3201 (アクセスマップ
会費: (財)日独協会会員・日独協会ドイツ語受講生 500円
     ゲーテ・インスティトゥート現受講生  500円
     一般 800円
   (※ 受講証を当日のセミナー受付にてご提示ください。)

申込:  要事前予約
事前に日独協会事務局までメール、FAXもしくはお電話にてお申込ください。
お申込の際は、イベント名と、会員の方はお名前と会員番号を、一般の方は
お名前とご連絡先(メールアドレスもしくは携帯電話番号)をご連絡願います。
※ 定員に達し次第、受付を終了いたします。お早めにお申込ください。

協力: Goethe-Institut Japan
s-j0309832.bmp

s-j0432925.jpg