日独協会
日独協会 Japanisch-Deutsche Gesellschaft Tokyo  

日本語

Deutsch

 

トップ > イベントのご案内 > ドイツ語圏文化セミナー

イベントのご案内

イベントカレンダー

ドイツ語講座のご案内

情報のカフェ

機関誌Die Brücke/刊行物

各地の日独協会

リンク

ニュースレター

お問い合わせ

トップに戻る


”ドイツが仕事”シリーズ ⑤

titel

たくさんのお申込ありがとうございました。満席となりましたので、現在はキャンセル待ちでの受付とさせていただいております。 日独協会事務局

「特許」という言葉は良く聞かれますが、実際にどのようなものか知っている方は少ないのではないでしょうか。
 
今回は特許翻訳とはどのような仕事か、どのような能力と資質が求められる仕事なのか、特許制度の簡単な説明を交えて、法律特許事務所の加藤さんにお話しいただきます。
 
文芸翻訳、映像翻訳、産業翻訳といった様々な翻訳業務の中でも特許翻訳は最も専門的な知識と緻密な作業が必要とされるものです。多くが機械や化学、電気といった分野を取り扱うことから理系の専門知識が必須だと思われていますが、加藤さんご自身は大学で独文を専攻され、現在は機械系の特許翻訳者として第一線で活躍されています。当初は全く独文に興味を示さなかったものの、学生時代の最後に一念発起してドイツ語を勉強しプロの翻訳者になったという、一風変わったロックテイストな経歴の持ち主です。
 
『特許翻訳という仕事は、超魅力的でやり甲斐があり、究極的には「翻訳の理法の修練によるロックな人間形成の道」だという事を伝えたい!』(加藤さん談)。
 
ドイツ語を使って将来仕事をしてみたいと思っている方、加藤さんの繰り広げる独特な特許翻訳の世界を一緒にのぞいてみませんか?

 

日時:  2013年5月31日(金) 19:00~20:30 (18:30開場) 
会場: 公益財団法人 日独協会事務所
    東京都新宿区信濃町18 マヤ信濃町2番館
    JR信濃町から徒歩6分 メトロ四ツ谷三丁目から徒歩8分
    アクセスマップ

講師: 加藤勇樹氏
    ゾンデルホフ&アインゼル法律特許事務所 機械課 課長 

会費: (公財)日独協会会員・学生 500円  一般1,500円 

申込: 要事前予約 
    E-Mail, FAX, お電話にてお申込下さい。お申込時に、会員の方はお名前と
    会員番号、 一般の方はお名前とご連絡先(電話番号、E-Mailアドレス)
    をお知らせ願います。
   (学生の方はその旨ご連絡いただき、当日学生証をご提示ください。)
    ※ 定員に達し次第、受付を修了いたします。お早目にお申込ください。

主催:  公益財団法人 日独協会

s-DSCN0503.jpg
加藤氏


s-DSCN0517.jpg
ドイツ人スタッフと打ち合わせ中の加藤氏