ホーム > イベントのご案内 > ドイツ語圏を識る > ドイツ語圏文化セミナー

ドイツ語圏文化セミナー76

Opas Briefe und Omas Rezepte lesen mit Sütterlin

「Sütterlin」とは、1911年ルードヴィヒ・スイッタリーンによって考案された文字で、当時の部分的には読みにくかった書体を簡素化したものです。1945年までドイツの小学校で教えられたスイッタリーン文字を解すれば、一世紀前に書かれたドイツ語の資料を読むことができます。

2時間のワークショップで、「Sütterlin」の読み方を学び、20世紀のポストカードやレシピを一緒に読み解きましょう。そして自分の名前を「Sütterlin」で書いてみましょう! このイベントの案内は日本語ですが、一緒に読む文章はドイツ語ですので、ドイツ語レベル中級程度の方向けのワークショップです。もちろん、初心者、ベテランの皆さんも大歓迎です。 皆さんのご参加を楽しみにしております。

日時: 2014年11月21日(金)19時~21時
場所:日独協会事務所内セミナールーム

お申込み:
jdg@jdg.or.jp (マリン・ウインター宛て)
お申込みの際は、お名前、会員資格の有無、電話番号をご記入のうえ、上記メールアドレスまでご連絡下さい。

参加費: ドイツ語圏の方   500円
    (公財)日独協会会員 500円
     その他        1000円
定員: 20名程度 ※定員に達し次第、受付を終了いたします。お早めにお申込ください。