武士の舞「剣詩舞」を体験しよう

武士が戦の前に、自らを奮い立たせるために歌い、舞ったという「吟剣詩舞」。

もともと吟剣詩舞の世界は吟詠(歌)と剣詩舞(舞い)に分かれていましたが、1960年に松木錦凰氏により吟と舞が統合され、吟詠吟舞錦凰流が誕生しました。この素晴らしい日本の伝統芸能を広く世界に知ってもらいたいとの、錦凰流 三代目宗家・荒井龍凰氏の協力のもと、今回は演舞を披露頂くとともにお辞儀の作法や日本刀、振付などを紹介して頂きます。

また、実際に皆さんにも衣装を身につけて、斬りつけのポーズなどを体験して頂く予定です。宗家から直接指導・お話を聴くことができる貴重な機会です。奮ってご参加ください。


日付:             2017年5月13日(土)
                     14時集合・14時30分開始・16時終了
会場:             武蔵野市本町コミュニティーセンター
アクセス:       吉祥寺駅から徒歩5分
住所:             東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目22−2
ホームページ: http://honcho-c.sakura.ne.jp/

会費:             ドイツ人:1500円、会員:2000円、非会員:3000円
持ち物:           特になし
言語:             日本語、英語

お申込み・お問合わせ: jdg@jdg.or.jp
要事前予約。お申込みの際は、お名前、携帯電話番号、メールアドレスを必ず記載願います。