ベルリンに行こう!!
~若者ホームステイプロジェクト~

公益財団法人日独協会は去年ベルリン独日協会と若者交流協定を結びました。2011年に始まった二つの協会の間の姉妹提携をさらに具体化することが期待されています。そのため、来年(2017年)3~4週間ベルリンでのホームステイを希望する若者2名を募集いたします。
(公財)日独協会が派遣費用の半額(最大100,000円、又はそれに相当するユーロ)を負担します。ベルリンのホストファミリーからは原則、朝食及び夕食が提供されます。渡航の時期は自由に選べますが、ホストファミリーの都合に鑑みますと、夏休みが一番望ましいようです。 参加者はドイツ語が話せることが望ましいですが、そうでなくても何かの手段でコミュニケーション(例:英語)が取れれば応募できます。時期により、滞在期間中にベルリン独日協会が交流プログラムを企画することも考えられますが、自由行動のための時間も十分あります。ベルリンで一生忘れられない思い出と絆を作りましょう!

応募条件:(公財)日独協会の会員であること
年齢: 20歳~29歳
応募に必要な提出資料(日本語で作成):履歴書 ・派遣先での実施希望内容(希望活動内容や派遣先で実施したい活動等)(1ページ程度)
応募期間: 2017年2月12日(日)まで
応募先:  鎌田タベア宛 jugend@jdg.or.jp

プログラム終了後は、滞在期間についてのレポートを作成していただきます。(レポートは会報誌などに掲載される可能性があります)
※安全確保は参加者の自己責任となります。 
※傷害保険加入は自己負担でお願いいたします。
※ベルリンホームステイ実行委員会が選考を行い、結果は3月中に応募者全員に通知される予定です。