ホーム > 日独ネットワーク > 全国日独協会連合会一覧 > 千葉県日独協会

全国日独協会連合会一覧 (2017年4月現在)

千葉県日独協会
Japanisch-Deutsche Gesellschaft der Präfektur Chiba

住 所 〒274-0822 船橋市飯山満町2-518-1
清和会 第二ワールドナーシングホーム内
TEL:047-461-9111 FAX:047-461-7010
URL: http://www.jdg-chiba.com
E-MAIL: info@jdg-chiba.com
役 員 名誉会長:平尾 浩三、宗宮 好和 
名誉会員:臼井 英男、田久保忠衛、
会長:     金谷 誠一郎
副会長 :橋口 昭八、須古 正恒
専務理事:杉田 房之(事務局長)、
常任理事:田中 正延、吉川 三朗、二見 理一
会 員 法人会員:5社
個人会員:140名
学生会員:1名
会 費 法   人:10,000円/年
個   人:  3,000円/年
学生・家族:  1,500円/年
設 立 1996年6月1日
特記事項 1)定例行事
①総

●会議:①運営委員会:原則として毎月第一又は第二土曜日に開催。行事や、懸案事項の審議。 ②理事会:3月末 又は4月初旬に開催、総会付議事項の承認。 ③総会:・役員改選(上記)とH28年度事業・決算 報告及びH29年度事業計画・予算案承認。記念講演会は会員木戸裕氏「ドイツ大学改革の今」
●定例行事:①ビール祭り(2016年9月3日於アルテリーベ(新橋)50名参加。 ②ドイツ軍人慰霊祭(11月20日):大使館からマティアス・ライボルト陸軍大佐がアンケ夫人、 ヨハネス君と共に参列。陸上自衛隊第一空挺団、千葉県、船橋市、習志野市の来賓と千葉県立 女子高オーケストラ部合唱団参加。③クリスマス・忘年会(12月10日)於コールポニョポニョ。 30名参加。④新春講演会:「ドイツが育んだビールと、その産業・文習志野化」 講師は、松沢 幸一元キリンビール社長。参加47名。懇親会は、船橋駅前ビル「Casa Grande」。
●文化・教養行事:①ボトルシップ研究会(俘虜収容所関係の調査・研究)2回。 ②ドイツ語講習会:10月24日~12月5日までの5回。講師:会員木戸裕氏
●特別行事:①当協会設立20周年記念ドイツ旅行(5月20日~29日)22名参加。 デュッセルドルフの「日本デー」と「古城街道巡り」等。②同20周年記念祝賀会。(10月22日) 大使館のグラープヘア公使ら来賓22名を含む71名。記念講演は(公財)日独協会のフェリックス・ アインゼル理事。演題「日独関係の変遷を通じて見る日本の未来」。③千葉県知事表彰:(11月 3日) 「デュッセルドルフ「日本デー」協力と国際交流への貢献に対して。 。:
●その他:会報誌「Die Eiche」隔月発行。(No.100~106)



          No.70(2012年02月04日)
          No.69(2011年02月01日)
          No.68(2010年12月01日)
          No.67(2010年10月12日)
          No.66(2010年07月30日)
          No.65(2010年06月15日)
          No.64(2010年04月01日)
          No.63(2010年02月18日)
          No.62(2009年11月10日)
          No.61(2009年09月10日)
          No.60(2009年07月10日)
          No.59(2009年05月15日)
          No.58(2009年03月06日)