ホーム > 日独ネットワーク > 全国日独協会連合会一覧 > 京都日独協会

全国日独協会連合会一覧 (2018年5月現在)

京都日独協会
Japanisch-Deutsche Gesellschaft Kyoto

住 所
Adresse
〒610-0394 京都府京田辺市多々羅都谷1-3  同志社大学磐上館360
〒610-0394 Kyoto-ku,Kyotanabe-shi, Tataramiyakodani 1-3,
Doshishadaigaku, Banjokan 360

TEL:0774-65-7523 FAX:0774-65-7607
E-MAIL: jdg.kyoto@gmail.com
役 員
Vorstände
会  長: 田附俊一   (Präsident: Shunichi Tazuke)

常務理事 (Generalsekretäre):
中島精一(Seiichi Nakajima)、宮崎昌弘 (Masahiro Miyazaki)、
マルクス・ヴェルンハルト (Markus Wernhard)

理  事 (Vorstandsmitglieder):
千 玄室 (Genshitsu Sen)、 森田 嘉一 (Yoshikazu Morita)、
ヤノス・ロベルト (Robert Janos)、堀川 宏 (Hiroshi Horikawa)、
稲垣晴代 (Haruyo Inagaki)

監 事 (Inspektoren):
納屋嘉人 (Yoshito Naya)、石川 光庸 (Mitsunobu Ishikawa)
会 員
Mitglied
法人会員:9社 (Körperschaften: 9)
個人会員:33名(Einzelmitglieder: 33)
学生会員:1名 (Studenten: 1)
会 費
Jahresbeitrag
法  人:1口 10,000円以上/年 (Körperschaft: ≥10, 000 Yen)
個  人:1口 2,000円以上/年 Einzelmitglied:≥2, 000 Yen)
学  生:無料 (Student: gratis)
設 立
Gründung
1957年6月22日 (22. Juni 1957)
特記事項
Anmerkungen
年次総会を含め、年3~5回の例会の開催を活動の基本としています。
例会ではミニ講演会と懇親会をベースに、京都の土地柄、深い見識と豊富な
経験をお持ちの会員が多いためその方々にボランティアで講師を
お願いしておりましたが、それも一巡したため、最近では外部の方々に
お願いすることが多くなりました。例えば、来日中のマンガ研究を行っておられる
ドイツの研究者、ドイツでワインの作り方と醸造学を学ばれた日本人の方、
若き日ドイツ文学とドイツ語を学ばれた浄土宗の古刹である法然院貫主の方々は、
その一例であります。幸いなことに近年の例会参加者数は若い人たちを中心として
急増(およそ15→30名)しており、今後の活動への示唆を与えてくれました。
京都日独協会に与えられている課題から見れば誠に細やかな活動ではありますが、
この活動を土台としてより広範な交流を行える為の体制を急速に確立していきたいと
考えています。 京都の持つ特徴から、訪れるドイツ人も多く、独日協会の皆さんも
具体的な交流を望まれるケースが多い。いま、これらにどう応えていくか次の
ステップの活動にとって喫緊の課題だと考えています。とりわけ日本の精神、伝統、
文化に親しく触れて頂ける手立てを検討したいと思います。  折しも昨年は、
京都日独協会設立60周年を迎えました。一年遅れにはなりますが、今秋、
60周年の「式典」を計画し、多くの方々に日独協会の意義をご理解頂く
機会にしたいとその成功に向け現在、検討と準備中です。